ホーム

お知らせ

2020年8月13日

外来についてお知らせさせていただきます。
毎週火曜日は院長不在につき、他の医師(女性医師)が担当致します。また、予約外来のみ、となりますので、お手数をお掛け致しますが、受診前に必ずお電話頂けますよう、よろしくお願いいたします。
また、8月15日(土曜)は1日休診となりますので、ご了承ください。

2020年2月22日:祝祭日に当院を受診される予定の患者様へお知らせです。
現在、祝祭日の外来が混み合っており、診察までお待たせしてしまっている状態です。
受診をご希望される際は、当院まで必ずお電話していただきますよう、何卒よろしくお願いいたします。電話にて受診のお時間を限らせて頂くことがございますので、何卒ご理解下さいますよう、お願い申し上げます。

2018年7月30日:オンラインHDFを開始いたしました。透析療法について詳しくはこちらのページで御説明しております。オンラインHDFにつきましては”D.血液透析と水質のこと”をご覧ください。

2018年5月31日:内科のお知らせ

外来診療時間のご案内

当院について~かかりつけ医を目指して~

当院は内科、腎臓内科、人工透析、血管外科の診療を行い、腎臓診療という一つの柱を中心に、地域の皆様の健康に役立つ、「かかりつけ医」を目指しています。
我が国において、慢性腎臓病(Chronic kidney disease: CKD)は1330万人(およそ8人に1人)いると考えられ、新たな国民病とも言われています。
慢性腎臓病(CKD)は高血圧や糖尿病、高尿酸血症といった生活習慣病や、腎炎など様々な疾患が原因で起こりますが、自覚症状が少なく、なかなか気づきにくい病気です。そして、腎臓の働きが低下し腎不全が進行すると人工透析療法や腎臓移植が必要となったり、心臓病や脳梗塞、免疫力の低下といった全身にかかわる合併症を認めることがあります。
これまで総合病院で腎臓専門医、透析専門医として診療して参りましたが、「腎臓」を診る、ということは「全身」を診ることである、ととても強く感じています。
当院では、患者様一人ひとりの声に耳を傾けて総合的に診療を行い、生活習慣病を予防するためには、腎臓の働きを守るためにはどうすればよいか、を皆さまと一緒に考えながら、診療致します。また、腎臓の働きが低下してしまった場合、透析が必要となった場合も、より安心した日常生活や治療を続けて頂けるよう、専門のスタッフとともに対応させていただきます。
皆様の「何だか体調が変だな、ここが気になるな」といったことが少しでも減り、安心して活力のある生活になるお手伝いができれば、と思っております。ぜひお気軽にご相談ください。


PAGE TOP